記事

タグ検索:Top1

選択されているタグ : Top1

初めて従業員を雇い給料を払うことにした場合の手続き

 個人事業者が初めて従業員を雇い給料を支払うことにした場合や、法人を設立して役員報酬を支払うことにした場合には、そのことを報告する書類を税務署に提出しなければいけません。それが「給与支払事務所等の開設届出書」です。


 この用紙は税務署に置いてあります。また国税庁のサイトからダウンロードすることもできます。
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_11.htm

 提出期限は給与支払事務所等を開設した日から1ヶ月以内です。

 この届出書を提出すると、後日、税務署から源泉所得税関係の書類一式が郵送されてきます。その中に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」という用紙が入っているので、まずはそれを給与の支払いを受ける従業員に記載してもらいましょう。


 記載された「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は事業所で保管してください。