記事

源泉所得税の徴収


 従業員を雇えば給料を支払うことになります。多くの場合は月に1回、決まった給料日に支払うでしょう。給料を支払う場合、その給料から源泉所得税を徴収しなければならず、それを控除した残額を受給者に対して支払います。

 この源泉徴収する金額は、源泉徴収税額表を見て計算します。源泉徴収税額表は、給与支払事務所等の届出書を提出した場合と、その後は毎年、年末調整の書類と一緒に税務署から送られてきます。また、国税庁のホームページからもダウンロードできます。


税額表の種類

 税額表には「月額表」と「日額表」、そして「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」があります。

①月額表・・・給料を毎月支払う場合
②日額表・・・給料を日ごとに支払う場合。週ごとに支払う場合。
③賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表・・・賞与を支払う場合
 

甲欄・乙欄・丙欄

税額表には甲欄・乙欄・丙欄という3種類の欄があります。

①甲欄・・・扶養控除等(異動)申告書の提出がある場合
②乙欄・・・扶養控除等(異動)申告書の提出がない場合
③丙欄・・・日雇いの場合
 

月額表の見方

 月額表は以下の手順で見ます。

① 「社会保険料等控除後の給与等の金額」を計算する。
 その給与受給者の給与の総額から社会保険料等の金額を控除します。社会保険料等の金額とは、厚生年金保険料、健康保険料、雇用保険料などの金額の合計額です。

② 月額表の、①で計算した「社会保険料等控除後の給与等の金額」が該当する行をを見つけます。

③ その給与受給者の扶養親族の人数を「扶養控除等(異動)申告書」で確認し、月額表の扶養親族等の数欄の該当する列を見つけます。

④ ②と③の交差する位置に記載されている金額が源泉徴収すべき所得税額です。

設例

 例えば、給料の総額が330,000円、社会保険料が26,000円で扶養親族が1人である従業員のケースで見てみましょう。なお、この従業員は「扶養控除等(異動)申告書」を提出しているものとします。
 
① 社会保険料等控除後の給与等の金額
 330,000円-26,000円=304,000円 

② 扶養親族
 1人

③ 304,000円の場合は、302,000円以上、305,000円未満の行となります。そして扶養親族1人の列となります。この行列の交差する欄の金額は6,860円となっています。したがってこの場合の源泉徴収すべき所得税額は6,860円です。


源泉所得税の納付

 給料から控除して預かった源泉所得税は、翌月10日までに納付書とともに金融機関で納付しなければなりません。