記事

タグ検索:top1

選択されているタグ : top1

納期の特例

 源泉徴収によって預かった所得税は、翌月10日までに納付するのが原則です。しかし従業員10人未満の事業所の場合には、年に2回まとめて納付する方法を選択することもできます。これを納期の特例といいます。
 納期の特例を選択した場合の納期限は、7月10日と1月20日です。
 この特例を受ける場合には、「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を税務署に提出する必要があります。


 ただしこの特例が適用されるのは、この届出書を提出した日の翌月からです。そのため、提出した月以前の分の源泉所得税は、原則通り月ごとに納付書を作成して納付しなければなりません。