解説

扶養控除

控除額

                   控除額    12月31日の年齢   
① 一般の控除対象扶養親族      38万円    16歳以上
② 特定扶養親族           63万円    19歳以上23歳未満
③ 老人扶養親族(同居老親等以外)  48万円    70歳以上
④ 同居老親等            58万円    70歳以上
 
 

扶養親族とは

① 配偶者以外の親族である。
② 納税者と生計を一にしている。
③ 合計所得金額が48万円以下である。(給与収入だと103万円以下)
④ 青色事業専従者給与を受けていない。白色専従者控除を受けていない。
 

控除対象扶養親族とは

控除対象扶養親族は、扶養親族のうちその年の12月31日の年齢が16歳以上の人です。

16歳未満の扶養親族は年少扶養親族となり、扶養控除の適用はありません。
ただし、住民税額の計算に影響する場合があるため「16歳未満の扶養親族」として源泉徴収票に氏名等の記載欄が設けられています。
なお、扶養控除の適用がなくても障がい者控除の適用はあります。
 

特定扶養親族

控除対象扶養親族のうち、その年の12月31日現在の年齢が19歳以上23歳未満の人。
 

老人扶養親族

控除対象扶養親族のうち、その年の12月31日の年齢が70歳以上の人。
 

同居老親等

老人扶養親族のうち、納税者又はその配偶者の直系の尊属(父母・祖父母など)で、納税者又はその配偶者と普段同居している人。
 

扶養控除等(異動)申告書

扶養親族に関する入力は、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書に基づいて行います。